January 27, 2015

Anaconda

Anaconda Scientific Python Distributionを会社マシンとおうちMacMiniに入れた.

自前ビルドでは負荷が高そうなNumpy/Scipyを安定的に運用したいのと,念のため色々な環境を同じバージョンにしておきたいので. この種の安定版ディストリビューションは瑣末なことで気を揉まなくてすむし,それだけコミュニティも成熟してきたということで,使っていきたい.

Windowsでは,そのままContinuumのサイトから.

Macではpyenvが対応しているので 1

 ~/ pyenv install anaconda3-2.1.0
 ~/ pyenv global anaconda3-2.1.0

という感じ.

科学技術計算や機械学習系のパッケージはだいたい揃っているし,ビルドでコケることもない. 科学技術計算用途で,MATLAB・Rの代替環境として広めたいのなら,これぐらい楽な方がいいと思う.

この調子で,Haskell環境もStackageのLTS Haskellにしようかな…


  1. (追記) たまたま以前からpyenvを使っていた,というだけです.anaconda distributionには,condaというパッケージマネージャ兼仮想環境ツールがあるので,今はそちらを使っています. [return]

©2011-2018 tuxedocat