October 9, 2017

Hugoのテーマ

芸術の秋、 とはいっても、ここ数日やったことといえば、ちょこちょことHugoのテーマをいじっていたことぐらいかもしれない1 2

昨日おとといと出かけて疲れきっていたので、きょうは10時まで寝ていた。

もともとは “Hemingway” というテーマを使っていた。 そのあと、そのForkである”Hemingway2”へ乗り換えていた。 でも結局いろいろいじる必要が出てきたので、自分のFork3を作ってしまった。

結果、いろいろな細かい不満が解消されたと同時に、ウェブっぽい話をちょっとは知ることができた。 Hugo自体のコードは全く見てないけど、その仕組みの大部分であるGo Templateはなんとなくわかってきた。 本筋ではないけど、設定ファイル記述言語としてのTomlがかなり簡潔でよさそうなことも実感できてよかった。

Hugoテーマの差分はだいたい以下のもの:

  • Tags/Categoriesなどを生成するための terms.html の追加
    • Blackburnというテーマを参考にした
  • Mathjaxのロード部の修正とconfig.tomlでの有効・無効切り替え
  • スタイルの変更(下記)

Webっぽいことといえば、Sass で書いたスタイルシートを CSS にビルドする仕組みを(Hucoreにあったものだけど)試してみた。Sassが2017年的かどうかはわからないけど、元々のテーマがかなり簡潔で、JS側も含めたそういうフレームワークに左右されない感じだったのがよかった。

もうちょっと楽をしたいので、yarn を使って(2017年的かどうかはわからない) gulpgulp-sass を導入する。

  • yarn config set prefix /usr/local
  • yarn global add gulp gulp-sass

もともとのテーマに gulpfile.js が含まれていて、そこにタスクが定義されているので拝借する。

  • yarn gulp # デフォルトのタスク。Sassをビルドしてstatic/ 内に配置する
  • yarn gulp watch # Sassの変更を監視して、差分があれば自動的に更新する。

という感じ。日本語フォントの適用や、ちょっとした外見の変更だけで、特に大きな差分はない。


  1. そのほかのできごと 1:大学院時代の友人たちと丸の内でシュラスコを食べた。「丸の内にゃんにゃんOL」という概念を獲得した。 [return]
  2. そのほかのできごと 2:横浜オクトーバーフェストに行ってきた。 🍺はおいしかったけど、連休だったためかとても混んでいて疲れた。 [return]
  3. https://github.com/tuxedocat/tuxedoneko [return]

©2011-2018 tuxedocat